不調

自分の不調がどうしても許せないという人の問題点

おはようございます!今朝の名古屋は曇天。気温は高くないが湿気がある。今日はエアコンをドライ設定にしておこう。

 

 

自分の不調がどうしても許せないという人がいる。

 

運動をしたいが、痛みがあってできないことを受け入れられないのだ。

 

例えば、「走り始めて10㎞くらいで膝が痛くなる」というのがわかっているのであれば、その手前で止めればよいのだが、それが嫌だと言い張る。

 

体調が悪いときは、その状況を受け入れ対応していけばよいだけのこと。カイロプラクターは、その手助けをするだけである。

 

このような人たちの思考は何が問題なのだろうか?

 

いくつかある。

 

まず、一つ目は「以前と同じように動けないのはおかしい」という思い込み。

 

「自分はもう何年もこのルーティンで運動をしている。今回のようなことは初めてだ。これはおかしい。」といった感じだ。

 

確かにおかしいのだが、おかしいのは思考パターンの方である。

 

この世の中に「いつも同じ」ものなど存在しない。1年前にできたからと言って、今年もできると考えるのは、明らかに論理が破綻している。

 

 

次に「この状態がずっと続くのではないか」という根拠のない不安。

 

これも同様におかしなこと。あり得ない。もちろん、今以上に悪化する可能性もある。大切なのは、現時点で起こっていることに粛々と対応していくことだけである。

 

いずれにしても、余計な想定を入れないことである。

 

余計な想定とは妄想のことであるが、妄想はエネルギーを消耗させるだけで、何も生み出さない。疲れるだけである。

 

ただ、これは「言うは易く行うは難し」である。

 

反復練習あるのみ。

 

 

2016年9月1日(木)関節運動学的セミナー@札幌(肘関節)

2016年9月25日(日)関節運動学的セミナー@大阪 (脊柱)

【8月のお休み】 8月7日(日)

【9月のお休み】 9月1日(木)、7日(水)、8日(木)、25日(日)


スポーツ医学&カイロプラクティック研究所
名古屋市中村区竹橋町13-18オフィスワンタケハシ5階
(名古屋駅より徒歩5分)
電話:052-452-5006

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です