カイロプラクティック

PRするからタダで治療して

まずはこちらの記事を読んでいただきたい。

 

ユーチューバー「PRするからタダで泊めて」ホテルのオーナー激怒「今後、ブロガーは一切お断り」

 

 

さて、この記事を読んでどう思われただろうか?

 

 

もし、「PRするからタダで治療を受けさせて」という問い合わせがあったらどうするかと考えてみた。

 

対応はこのホテルオーナーと同じ。即答でNoである。

 

 

実は過去に似たような問い合わせがあった。

 

「怪我をして痛みがあるが、お金がないのでなんとかならないか?」という感じの問い合わせだった。

 

宣伝がない分、ユーチューバーとは違うが・・・(笑)。

 

この時ももちろん丁重にお断りした。

 

決して“No money, No talk” というわけではない。

 

ぼくが治療費をいただくということは、支払っていただく患者さんに対して『全身全霊を賭して身体を診させていただく』という契り、そして覚悟の証みたいなものだからだ。

 

たまに、『ただいま治療費半額セール!』などと宣伝しているところがあるが、ぼくから言わせれば、こんなのは『逃げ』でしかない。

 

そりゃあ、治療費を半額にしたら心理的負担も半分、いや半分以下になるだろうからね。その心理的負担から逃げているだけである。

 

症状がよくなるかどうかなどやってみなければわからない。そういう結果も含めすべて受け入れる覚悟、そして患者さんにも受け入れてもらえるくらいの『マイベスト』を尽くさなければならない。

 

そのためには日々の生活から『入念な準備』は欠かせない。生活を整え、心身を整え、治療中は集中力を切らさないための準備を怠らない。

 

そのためには、早寝早起きの規則正しい生活、身体を鍛え健康体を維持、心を平常心に保つためのトレーニング、そして常日頃から物事を客観視できるように意識、生活すべてを一回一回の治療のために整えておく必要がある。

 

そういうことを当たり前のように苦も無くできなければならない。

 

酒を飲んだくれて毎晩夜更かし、朝起きるのが辛くて、午前中は毎日ボーっと過ごしているなどというのは、カイロプラクターとしては失格である。

 

そのような『機能不全』の状態で患者さんを診ているならば、それは患者さんに対して不義理を働いていることになるし、そもそも自分自身をも欺く行為である。

 

だから、「PRするからタダで・・・」などと言う別世界の人間は相手にしないのである(笑)。

 

【お知らせ】

 1月28日(日)は終日お休みです


スポーツ医学&カイロプラクティック研究所
名古屋市中村区竹橋町13-18オフィスワンタケハシ5階
(名古屋駅より徒歩5分)
電話:052-452-5006

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です