消化酵素

お勧めの消化酵素

酵素は大きく分けて体内酵素食物酵素に分類できます。体内酵素はさらに消化酵素と代謝酵素に分かれます。

消化酵素

 

消化酵素は三大栄養素(タンパク質、炭水化物、脂質)を小さな分子に分解します。

 

代謝酵素は自己治癒を促進(病気の時などに活発に生成分泌)、免疫機能の向上、ホルモンバランスの調整などの役割を持っています。

 

腸内環境を整える上で非常に役に立つサプリメントです。

 

酵素サプリメントを摂り始めてから以下のような変化を割とすぐに実感できました。

 

  • 胃腸の調子が良くなった
  • 疲労感を感じなくなった

 

まず便通が良くなりました、また、食後の膨満感もまったく感じなくなりました。朝起きた時も胃腸のすっきり感があります。

 

疲労感についてですが、そもそも疲労感は意識したことはありませんでした。しかし、消化酵素を摂り始めてから、昼間に眠くなることもなくなり、朝起きた時も身体全体がすっきりしていることに気づきました。

 

今まで試したことのある消化酵素はこちらです。

 

  1. Life Time, Extrazyme-13, with Probiotic, 90 Veggie Caps

  2. Doctor’s Best, ベスト 消化酵素, オールベジタリアン, 90 ベジタブルカプセル

  3. Healthy Origins, 消化酵素, 広域スペクトル, 90ベジタリアンカプセル

 

一押しは1番です。その理由は、プロテアーゼというたんぱく分解酵素が、他の製品に比べ高濃度で含まれていることです。

プロテアーゼ

 

プロテアーゼは空腹時に摂ると、腸管の炎症(リーキーガット症候群)を改善させる作用があると言われています。

 

従って、この目的の場合、朝起きてすぐに1カプセル摂ります。そして、もう1カプセル(もしくは2カプセル)を食前(または食中)に摂ります。

 

しかし、このサプリメントは人気があるためか(もしくは、ぼくがいろいろな人に勧め過ぎたためか)、最近はいつも “Out of stock” (在庫切れ)になっています。

 

そこで、やむなく2番目を摂っているのですが、こちらもなかなか良いです。この消化酵素の特徴は、何といってもジペプチジルペプチダーゼⅣ(Dipeptidyl-peptidase IV)が含まれていること。

 

ジペプチジルペプチダーゼⅣ

 

ジペプチジルペプチダーゼⅣは、グルテン(小麦に含まれているタンパク質)の消化酵素です。従って、パンや麺類などの小麦食品を食べる時に最適です。

 

この消化酵素にもプロテアーゼが含まれていますが、空腹時に飲むと下痢をしてしまうので、今は食前にしか摂っていません。

 

一番、理想的なのは1番と2番を両方用意しておき、1番をベースにスポットで(小麦食品を食べる時)2番を使うという感じです。

 

3番目は新たに試している消化酵素です。まだ、パフォーマンスは未知数です。

 

ご参考まで。

 

開催予定のセミナー

関節運動学的セミナー@大阪

プラユキ師の法話会


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です