運動中に力が入らなくなる

おはようございます!今朝はハムストリング。スティッフレッグデッドリフトとワンレッグデッド。若干、腰に違和感があったので今朝は軽めで。

 

 

最近、運動中に力が入らなくなるという訴えを耳にします。

 

例えば、サッカー少年のケース。夏になると必ず両足に力が入らなくなり、サッカーのパフォーマンスが落ちてしまいます。

 

また、ある社会人相撲の患者さんは、ベンチプレスの重量が急激に落ち、疲労感が抜けないという訴え。

 

二人とも、『身体のゆがみ』が原因ではないかと考えて来られます。

 

しかし、いろいろ調べてみても、筋骨格神経系には問題が見当たりません。つまり、他に原因があるということ。

 

考えられる原因の一つに栄養の問題があります。特に微量元素と言われるビタミン・ミネラル、そしてタンパク質の問題です。

 

アスリートの場合、一般人よりもより多くの栄養を必要としています。特に夏の時期は発汗により大量のビタミン・ミネラルを失っています。

 

例えば、マグネシウムやカルシウムなどは、筋肉の伸縮にとって重要な微量元素です。マグネシウムは一般人でも不足しがちですが、この栄養素が不足すると筋肉のこわばり感が増してきます。

 

また、意外ととれていないのが、タンパク質です。特に日本食中心の場合、不足していることが多いです。

 

タンパク質は身体のダメージからの修復に必須の栄養素です。多すぎるくらい摂取するのがちょうどいいです。国産のプロテインでも構いませんが、添加物が気になるという方はオーガニックプロテインを選ぶと良いでしょう。

100% 天然ホエイプロテイン

 

タンパク質と同時に意識したいのがビタミンB。ビタミンBにはいろいろな種類がありますが、複合ビタミンBでよいでしょう。

ビタミンB-コンプレックス

 

さらに、鉄分も重要です。これも意外と不足していることが多いです。赤身肉、特に馬肉に多く含まれています。サプリメントでとるならヘム鉄がお勧めです。

アルティメイト・アイロン®

 

夏の時期は発汗量も多くなり、微量元素の消耗も激しくなります。食事からだけでは補えていない可能性が高いです。サプリメントで補ってしまうのが手っ取り早いです。

 

【お知らせ】


スポーツ医学&カイロプラクティック研究所
名古屋市中村区竹橋町13-18オフィスワンタケハシ5階
(名古屋駅より徒歩5分)
電話:052-452-5006

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です