予定

2017年@東京

申込:http://www.chiro-journal.com/event/


 2017年@大阪


2017年@名古屋

スポーツカイロプラクティックセミナー;筋膜リリース編

本セミナーでは、疼痛の原因構造となり得る筋膜にスポットを当てて勉強していきます。具体的な症状の特徴とその原因となり得る筋膜(筋肉)について具体的に勉強していきます。

詳細&お申込みはこちらからお願いいたします。


2017年@札幌

AKTはArthro-Kinesiological Techniqueの略です。Arthroとは関節、Kinesiologicalは運動学のことです。つまりAKTとは関節運動学的テクニックのことになります。このテクニックの特徴はは以下の通りになります。

  • 1.自動的運動を利用したアジャスメントテクニック
  • 2.カップリングモーションを考慮したスラスト

従来のアジャスメントテクニックでは、患者さんは静止位で行いますが、AKTでは患者さん自身に関節を動かしてもらいながら(自動的運動)アジャスメントを行います。

症状の多くは「前かがみになると腰が痛い」「腕を上げると肩が痛い」などのように自動的運動に伴い痛み(動作痛)が現れる場合が多いです。このテクニックがもっとも効力を発揮するのは、このような動作痛の改善に対してです。

スラストの方向は科学性を重視します。最新のリサーチを基に各関節の運動の特徴を把握し、それに基づいて検査・診断・治療(アジャスメント)を行っていきます。

当セミナーでは、まずは関節運動学の理論について十分に理解していただいた上で、次に実践(検査法、治療法)について実技を交えて解説していきます。

9月7日(木)スポーツカイロプラクティックセミナー~手関節

場所:ユニオンカイロプラクティックセンター(札幌市中央区 ユニオン カイロプラクティックセンター 地下鉄東西線西18丁目駅徒歩1分

内容:ド・ケルバン腱鞘炎、手根骨の関節運動学、指節間関節の関節運動学、手根中手関節の関節運動学、膝関節の関節運動学的テクニック(復習)

申込:メール (info@sportsdoc.jp) またはお電話 (052-452-5006)。お問い合わせページからもお申込み可能です。