手根管症候群 (Carpal tunnel syndrome)

手根管症候群は手首や指を過剰に使うことで引き起こされる疾患です。

 

手首の前側に手根管と呼ばれる部分があります。手根管にはさまざまな軟部組織が走行しています。その内の一つに正中神経があります。

手根管症候群

 

手根管症候群では手根管において正中神経が圧迫されることが原因になります。それにより、手指にしびれや麻痺などの知覚異常が現れます(下図参照)。症状は就寝中に悪化(夜間痛)することが多く、手の痛みやしびれで目を覚ますこともあります。

正中神経

慢性化すると親指の付け根(母指球)の部分にしわが現れてきます。これは筋肉の委縮を意味しています。そのため、親指に力が入りずらくなり握力も低下します。

 

手根管症候群の治療では、手根管における正中神経の圧迫を除去していきます。手技によって十分改善可能な症状です。また、必要に応じて正中神経のリハビリも行っていきます。

 

手根管症候群の治療におけるポイントは、以下の通りです。

  1. 手根管周辺の軟部組織の癒着除去
  2. 手根骨、橈骨、尺骨の関節のズレを改善
  3. 正中神経のモビリゼーション