ローテーターカフ損傷

【症状の特徴】

  • 肩の前側から上側の痛み
  • 痛みの質は鋭いことが多い
  • 腕を上にあげた時、痛みは悪化
  • 肩が不安定な感じがする

 

ローテーターカフ(回旋筋腱板)は肩の深部にある四つの筋肉の総称です(棘上筋、棘下筋、小円筋、肩甲下筋)。これらの筋肉は肩関節を安定化させるために大変重要な役割を担っています。つまり、ローテーターカフの損傷により肩関節の安定性が失われ、運動時の不安定感や痛みを引き起こします。

 

ローテーターカフ

 

ローテーターカフの中で特に傷めやすいのが棘上筋です。野球のピッチャーに多く見られます。腕を頭上に挙上する動作や投球モーションで肩に鋭い痛みが現れます。重度の場合、日常生活の動作(髪を洗う、服を着るなど)で痛みが自覚されるようになります。

 

ローテーターカフ損傷

 

棘上筋の筋腹と腱の移行部は、クリティカルゾーンと呼ばれています。クリティカルゾーンは特に損傷が起こりやすい領域です。棘上筋(腱)の損傷の多くは、クリティカルゾーンで起こっています。

 

クリティカルゾーン

 

損傷部位には出血が伴いますので、組織の線維化が起こります。従って、周辺組織との間で癒着が生じます。治療は癒着の除去、肩関節の運動障害改善、神経系障害の改善がメインとなります。