五十肩 (Frozen shoulder / Adhesive capsulitis)

肩関節は関節包という膜によって覆われています。五十肩ではこの膜に異常が起こっています。しかし、なぜこのような拘縮が起こるのかについてはわかっていません。

五十肩の正式名称は「癒着性関節包炎」と言います。この名前からも推測できますが、五十肩では肩関節の関節包の拘縮と癒着によって、肩の痛みが引き起こされています。

五十肩

肩の痛みは、特に腕を上にあげるときに顕著となります(この時、関節包の拘縮部位が引き伸ばされる)。

従って、五十肩の改善のためには、癒着が生じている関節包の部位を検査によって特定した後、癒着部位をはがしていくことになります。

また、ホームエクササイズは、治療のためには必要となります。ホームエクササイズについては、治療後にご説明させていただいております。