上腕二頭筋長頭腱炎(Bicipital tendinitis)

上腕二頭筋には長頭と短頭の二つの筋腹があります。上腕二頭筋の長頭腱は肩の前側を走行しています。この部分に炎症が起こると、上腕二頭筋長頭腱炎になります。

 

痛みは肩の前側に現れ、腕を頭上にあげると鋭い痛みを感じることが多いです。

 

上腕二頭筋長頭腱炎

 

特に肩の挙上(屈曲や外転)60°から120°において痛みが現れます(ペインフルアーク)。この角度において上腕二頭筋長頭腱には強い負荷が加わりやすいからです。120°以上では痛みの軽減・消失が起こります。

 

ペインフルアーク

ペインフルアーク

この疾患の原因となるのが、インピンジメント症候群です。これは肩関節の運動障害です。従って、上腕二頭筋長頭腱炎の改善には肩関節の運動障害の改善が必須となります。