梨状筋症候群 (Piriformis syndrome)

梨状筋症候群は梨状筋による坐骨神経の圧迫(または刺激)によって、坐骨神経痛症状が現れる疾患です。

 

梨状筋はでん部にある筋肉で、その下を坐骨神経が走行しています。梨状筋の炎症や拘縮により坐骨神経が刺激・圧迫を受けることがあります。それに伴い、足の痛みやしびれなどの坐骨神経症状が現れます。

梨状筋症候群

痛みはでん部から太ももの後面、ふくらはぎにかけて現れます。でん部は鈍痛で太ももからふくらはぎにかけては鋭い痛み、しびれであることが多いです。また、足裏は感覚が鈍いことがあります。

 

長い間、椅子に座っていると足がしびれてくる場合、梨状筋症候群の可能性があります。また、比較的女性に多いというデータもあります。

 

治療では、梨状筋による坐骨神経への圧迫を除去することがメインになります。また、骨盤や腰椎のずれなどの改善も行います。さらに、股関節の障害に起因していることもあるため、股関節も治療対象部位になります。