腰椎分離症 (Lumbar spondylolysis)

腰椎分離症では腰椎の椎峡部という部分で分離している状態のことを言います。分離は疲労骨折などの後天的な場合や先天的に椎峡部が欠損(または肥大)している場合があります。

腰椎分離症

腰椎すべり症という症状がありますが、これは左右両側の椎峡部が分離して初めて発生するものであり、分離症が即すべり症ということにはなりません。

腰椎すべり症

病院で腰椎分離症と診断されてくる子供が多いですが、ほとんどのケースにおいて分離症が腰痛の原因となっていません。その場合、物理的に確認できる原因を単純に自覚症状と結び付けているだけであり、本当に症状の原因であるかはわかりません。

つまり、他の原因が潜在している可能性があります。それは、物理的に検知できないもの、つまり感覚的に検知できるものです。われわれカイロプラクターが行う触診検査によってわかるものが、感覚的に検知されるものに当たります。

具体的には軟部組織や関節の硬さです。つまり機能的問題です。硬さはレントゲンにもMRIにも反映されないため病院では発見されないことが多いです(しっかり触診を行えば別ですが)。多くの人の痛みの原因であることが多いです。