腸脛靭帯症候群 (Tensor Fascia Lata syndrome)

腸脛靭帯は太ももの外側から膝の外側に向かって伸びています。この症状では膝の外側に痛みが現れます。膝外側の痛みの原因としてはもっとも多いものと言われています。

マラソンランナーのように長距離を走ると、膝関節の運動(曲げ伸ばし)が何度も反復されます。それにより、腸脛靭帯と膝の外側にある骨の突起が何度もこすれ、結果的に炎症を起こします。従って、腸脛靭帯症候群の痛みは腸脛靭帯の炎症によるものです。

また、慢性化している場合は周辺組織が互いにくっついてしまい、それが回復を遅延させる原因にもなっています。