膝窩筋腱炎 (Popliteus tendinitis)

膝窩筋は膝窩(膝裏)にある筋肉で、その腱(遠位)は膝外側にあります。そのため、膝窩筋腱炎は膝外側に痛みが現れます。

膝窩筋

右膝の膝窩(膝裏)

膝の裏の痛みでは比較的多く見られる原因です。長時間の座位 (オフィスワークなど)の後、立ち上がる瞬間に鋭い痛みが現れたりします。

 

原因は膝窩筋腱とその周辺組織(外側側副靭帯など)との癒着であることが多いです。また、下腿の骨(脛骨、腓骨)のずれが伴っていることもあります。

 

従って、治療では上記の二点(組織の癒着、骨のずれ)の改善を目指します。カイロプラクティック療法によって、容易に改善される症状です。