ジャンパー膝 (Jumper’s knee)

ジャンパー膝は文字通りジャンプ動作を反復することで発生します。スキーのジャンプ競技、バレーボールやバスケットボールの選手に多く見られます。

痛みはお皿(膝蓋骨 )のすぐ下側に自覚されることが多いようです。ここは靭帯(膝蓋靭帯)の付着部になっています。

ジャンパー膝

慢性化することで周辺にある軟部組織の癒着が起こります。癒着が悪化すると運動に伴う摩擦が増加するため、症状の悪化が進行します。

 

痛みの原因は膝蓋靭帯の炎症と線維化(癒着)ですが、膝蓋骨の運動障害も原因となります。従って、治療では癒着の解放だけでなく、膝蓋骨の運動障害の改善も行います。

 

また、必要に応じて栄養摂取のアドバイスもさせていただいてます。