肘部管症候群 (Cubital tunnel syndrome)

肘部管症候群では、肘内側にある肘部管における尺骨神経の圧迫・刺激が起こっています。

肘部管症候群

 

自覚症状は前腕の内側から小指、薬指にかけてのしびれや痛み、感覚麻痺です(下図の色のついている領域)。慢性化すると指のこわばり感なども現れてきます。

 

尺骨神経

 

尺骨神経は正中神経に次いで問題が好発する神経です。触診によって患部を特定し(この症状の場合は肘部管)適切に処置をすれば、改善はそれほど難しくはありません。