テニス肘 (Tennis elbow)

テニス肘では肘の外側に鋭い痛みが現れます。悪化するとカバンを持つ時やぞうきんを絞る時にも痛みが生じます。テニス肘という名前ですが、テニスをやる人特有の症状ではありません。ゴルフや野球、バトミントンなどの選手にも見られます。

 

テニス肘

 

もっとも典型的な原因は短橈側手根伸筋という筋肉の腱の変性によるものです。変性というのは、老化現象の一種ですので、加齢と共にある程度起こる現象です。

 

しかし、テニス肘の場合、変性が進行してしまっている状態です。最悪の場合、変性個所に断裂が生じます。また、患者さんの年齢は30代、40代以上になります。

 

肘にある関節のずれも原因になります。この場合、関節のアジャスメント(調整)により、比較的容易に症状の軽減が期待できます。

 

また、テニス肘と併発している症状には、回外筋症候群や橈骨管症候群などがあります。これら二つの症候群において問題となる構造は橈骨神経です。従って、神経起因の問題として診ない限り結果がなかなか伴いません。