回内筋症候群 (Pronator syndrome)

回内筋症候群では、円回内筋において正中神経が圧迫を受けています。それに伴い、前腕(前側)から手のひらにかけてしびれや痛みが現れます。

回内筋症候群

円回内筋が過緊張することで、その下側を走行している正中神経を刺激している場合、また円回内筋と正中神経との間に線維化(癒着)が生じ、それが正中神経を刺激している場合などがあります。

いずれにしても、正中神経を刺激している要因(この場合は円回内筋が大きく関与している)を手技によって除去することが症状の改善につながります。

また、円回内筋はゴルフ肘(内側上顆炎)の原因にもなります。