ゴルフ肘 (Medial epicondylitis)

症状の特徴

肘の内側に痛みが現れます。痛みは鋭く局所的であり、ボールを打つインパクトの瞬間に生じます。ゴルフ肘はゴルファー特有の症状ではなく、手首や肘の運動を反復する人によく見られるものです。最近ではコンピュータを使う人が増えていますので、キーボードをたたく作業も原因となります。

ゴルフ肘

 

治療法

カイロプラクティック療法により効果的に治療できる症状の一つです。治療では、軟部組織の癒着、肘関節の運動障害、頚椎から上部胸椎のサブラクセーション、尺骨神経などを診ていきます。

 

また、必要に応じて運動処方、栄養処方についてもアドバイスさせていただいてます。