リトルリーグ肘 (Little leaguer’s elbow)

リトルリーグ肘はこの名前が示す通り野球選手に多い疾患です。中学生から高校生に多く見られます。症状は肘の鋭い痛みであり、運動に伴い現れますボールを投げる瞬間に痛みが発生します。

 

ボールを投げる時、肘の内側には牽引力が作用し外側には圧迫力が作用しています。肘内側が牽引されることで内側上顆と呼ばれる骨の突起部位に反復の負荷が加わり、この部位の損傷が起こります。重度の場合、骨端(成長骨端)が剥離してしまうこともあります。

 

リトルリーグ肘

 

肘の外側には圧迫力が作用します。関節面が圧迫されることで関節軟骨が損傷します。つまり、関節軟骨の一部がはがれ(関節ねずみ)関節内にとどまります。これは離断性骨軟骨炎と呼ばれる症状です。

 

関節内には滑液という栄養豊富な水溶液で満たされていますので、関節ねずみは次第に大きく成長していきます。あるていどの大きさになると、関節の間でひっかかるような感覚(関節のロッキング)が現れてきます。この現象は肘を伸ばすときに顕著となります。