麻酔

「このような場合、ブロック注射で治療します」

昨日、こんな問い合わせがありました。

 

「そちらでは、麻酔を打ってくれるのですか?」

 

ぼくはカイロプラクターであるので、麻酔を打つことも、投薬治療をすることもありません。

 

明らかに勘違いの問い合わせなのですが、よくよく聞いてみると、整形外科に行ってMRIなどいろいろな検査を受けたところ全てネガティブの判定。ちなみに、この方の主訴は鼡径部の感覚異常です。

 

そして、「このような場合、ブロック注射で治療します」と言われたとか・・・。

 

つまり、この方は麻酔(ブロック注射)を打ってくれるところを探している様子でした(どうして、診断されたところで麻酔を打ってもらわないのかは不明)。

 

そこで、「原因がわからないのに、どうしてそのような治療を受けるのですか?」と、ある意味核心を突く質問をしたところ、「・・・・・・」言葉に詰まっているようでした。

 

ちなみに、このような医学的検査で原因不明のケースは、特にカイロプラクティック療法が絶大な効果を発揮します。

 

対応の仕方は人それぞれですので、この方が麻酔を打つとか打たないとかは、どうでもいいです。

 

この勘違いの問い合わせでぼくが思ったのは、「自分がやっていることは、必ずしも根本治療ではないが、少なくともブロック注射よりは根本に近いことをやってるんだなあ」ということでした(まあ、自画自賛なんですが(笑))。

 

ところで、鼡径部痛の鑑別診断には、以下のようなものが考えられます。

 

  • 腸骨下腹神経
  • 腸骨鼡径神経
  • 閉鎖神経
  • 大腿神経
  • 陰部大腿神経
  • 股関節(関節包)
  • 大腰筋腱(停止部)

 

神経であれば、絞扼個所を触診によって特定し、そこを開放していきます。

 

また股関節や筋肉からの関連痛も考えられます。これらも触診によって異常個所を探っていきます。

 

これら全ての異常はMRIでは写りません(笑)。

 

指先の感覚(触診)が、これらの異常を探知できる唯一の武器です。

 

【お知らせ】

2016年3月20日(日) 瞑想会@名古屋

2016年3月27日(日)関節運動学的セミナー@大阪 (肘関節) 

2016年5月11日(水)から5月19日(木)まで休診させていただきます。


スポーツ医学&カイロプラクティック研究所
名古屋市中村区竹橋町13-18オフィスワンタケハシ5階
(名古屋駅より徒歩5分)
電話:052-452-5006
ブログ:スポーツドクターSのざっくばらん

「このような場合、ブロック注射で治療します」” への4件のフィードバック

  1. どうして診断されたところで麻酔を打ってもらわないのか・・・、ホント不思議。
    「整形外科なのにブロック注射を打てる医師がいない?」・・・考え難い。
    「その医院(医師)が信頼できなかったので他で打ってもらおうと思った?」・・・だったら「このような場合、ブロック注射で治療します」という言葉自体を疑ってしかるべき。
    結局この方は来院されなかったんですよね?
    となると・・・、私の推理によると、これは『スポーツ医学&カイロプラクティック研究所で違法な治療を行っていないか?』を探る電話では?(笑)
    上記は一応冗談ですが、昨今の詐欺や勧誘の電話の事を思うと、まんざら有り得ない事でもないのかな?と思ってしまいます。
    「ブロック注射」がその場凌ぎの治療(なのかなぁ?)法である事は、過去に身を以って経験しています。
    スッゲー痛くって、そのくせ効果は1日くらいだった。(私の体質のせいかも知れないケド)
    でも、ちゃんとしたカイロプラクターを知らない人は、それしか当面の苦痛から逃れる手立てが無いんですよねぇ。(私がブロック注射を経験したのは、「ヤマダカイロ」を知る前でしたので・・・)

    • コメントありがとうございます!

      >>>>
      『スポーツ医学&カイロプラクティック研究所で違法な治療を行っていないか?』を探る電話では?
      >>>>
      これは思いつきませんでした!意外とそうだったのかもしれませんね。

      ブロック注射自体は神経を麻痺させるだけなので、薬の効果が薄れたら元の木阿弥になります。従って、その場しのぎの治療です。神経そのものに注射針を打つので強い痛みが伴います(ブロック注射のための麻酔もするようですが)。

      少しでも根本に近いところを改善できるように精進します!

  2. >>神経そのものに注射針を打つので強い痛みが伴います(ブロック注射のための麻酔もするようですが)。

    はい、強い痛みが伴いました。ブロック注射のための麻酔は無しでした。所謂ギックリ腰で、骨盤に近い位置に打たれました。
    だいたい そういう(痛そうな)のは逃げて生きてきたのですが、その時は2週間も会社へ行けない程に症状がひどくて、「この痛みが解消されるのなら、一時の痛みは我慢しよう」と思える程の苦痛だったので・・・。
    「結構痛いですよ」って言われて、すっごく痛くて、「ホントに痛いですねぇ」って言ったら、「ゴメン、上手く入らんかった。やり直すから。」って。
    うっそー?! 失敗?! もしかして、ちゃんと入ったら今のより痛いの?!!!
    ・・・もっと痛かったです。(涙)

  3. ぼくは経験がありませんが、ブロック注射がとても痛いことは患者さんからよく聞きます。

    それにしても、Sr.さんが腰痛で2週間も会社を休まれたことは、まったく存じ上げませんでした。

    相当、きつかったんですね。想像を絶します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です