時間の流れ

時間の流れが速く感じるのは、まずいサインかもしれない

よく、「年齢を重ねる度に時間の流れは速くなる」と言います(ジャネーの法則)。

 

確かに小学生の頃、50分の授業時間がとてつもなく長く感じられた。

 

また、新鮮な経験が少ないと時間の流れが速く感じるという説もあります。子供の頃は、新たな刺激がたくさんあるため、時間の流れが遅く感じられ、大人になると刺激が少なくなるので、時間は短く感じられるという考えです。

 

なるほど。つまり、時間の流れが速く感じるというのは、ある意味外界への興味が喪失している証拠なのかもしれないですね。

 

ただ、ぼくは、ミャンマーの高僧ウ・ジョーティカ師の以下の言葉が一番近いのではと感じています。

 

 

気づきが少ないと時間はあっという間に過ぎ去ってしまうということなのでしょう。つまり、ボーっとしていたらあっという間に人生終わりだよということ。

 

だから、時間の流れが速く感じるようなら、ちょっと注意しなければならない。それは、気づきが少ない生活を送っているサインかもしれないからです。

 

それにしても、最近ますます時間の流れが速く感じる(笑)。

 

 

開催予定のセミナー

関節運動学的セミナー@大阪

プラユキ師の法話会


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です