プラユキ

タイ人の男性は、一生に1回は出家する?

昨日、タイ人の方とお話する機会がありました。

「タイ人の男性は、一生に1回は出家する」と聞いていたので、そのことについて質問しました。タイでは一時出家と言って、男性は数週間または数か月、出家すると本で読んだことがあったからです。

そしたら、「全くそんなことはない!」と完全否定されてしまいました。どうも、ぼくの勘違いだったようです。

詳しく聞いてみると、農村部ではそのような風習がまだ残っているかもしれないが、バンコクなどの都会ではそんな人は誰もいないとのこと。さらに、お坊さんになろうという人は、貧しい家庭の人が多く、やむを得ず出家することが多いそうです。つまり、結構、受身的なんですね(笑)。

ただ、お坊さんは非常に尊敬されており、托鉢ではその家庭の一番のご馳走をお布施するそうです。

 

さて、年末にはタイの日本人出家僧、プラユキ・ナラテボー師の法話会・瞑想会が名古屋であります。まだ席に余裕がありますので、参加ご希望の方はご連絡ください。

詳細はこちらになります。

プラユキ・ナラテボー師の法話会・瞑想会@ウインク愛知(名古屋)

 

 

開催予定のセミナー

関節運動学的セミナー@大阪


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です