プロスペクト理論

プロスペクト理論

今朝、こんな記事を読んでいました。

 

Resist the Powerball Temptation

 

簡単に説明すると、「なぜ、人間は宝くじを買うのか」ということについて、経済学的・心理学的に解説している記事です。

 

この記事の中にプロスペクト理論(prospect theory)という言葉が出てきます。プロスペクト理論は、人間の深層心理を表している興味深い理論です。

 

例えば、以下の二つの質問に答えてみてください(ウィキペディアより)。

 

質問1:あなたの目の前に、以下の二つの選択肢が提示されたものとする。

選択肢A:100万円が無条件で手に入る。

選択肢B:コインを投げ、表が出たら200万円が手に入るが、裏が出たら何も手に入らない。

 

質問2:あなたは200万円の負債を抱えているものとする。そのとき、同様に以下の二つの選択肢が提示されたものとする。

選択肢A:無条件で負債が100万円減額され、負債総額が100万円となる。

選択肢B:コインを投げ、表が出たら支払いが全額免除されるが、裏が出たら負債総額は変わらない。

 

 

まず、質問1のAもBも期待値は100万円で同じです。しかし、Aを選んだ人が多かったのではないでしょうか?

 

質問2の期待値もA, B共に-100万円ですが、こちらはBを選んだ人が多かったのではないかと思います(特に質問1でAを選んだ人のほとんどは質問2ではBを選んでいるはず)。

 

これは、我々は目の前にある利益に対しては「確定させたいという意識」が働き、損失に対しては「回避したいという意識」が働く傾向があるということを示しています。

 

具体的には、以下のようなことです。

 

「金額が2倍になると、価値は2倍にはならず、2倍弱になる」(ウィキペディアより)。

つまり、金額と価値は比例しないということですね。

 

人間の欲は無限ですが、お金に関してはある程度のところで収束していくのですね(そうでない人もいるようですが・・・(笑))。

 

損失に対しても同じことが言えます。ギャンブルなどで損失金額がかさむと、次第に心理的抵抗感が薄くなっていくということです。

 

気をつけましょう(笑)。

 

 

【開催予定のセミナー】

2016年1月24日(日)関節運動学的セミナー@大阪

2016年3月10日(木) AKT(関節運動学的)セミナー@札幌


 

プロスペクト理論” への4件のフィードバック

  1. 確率の話は好きで、いろんな本を読んできましたが、少し前まで 宝くじみたいな物と絡めて考えた事がありませんでした。
    最近読んだ本が その辺りも含めた内容になっていて、結構 興味深く読みました。
    日本の法律では 宝くじ的な物の期待値は1/2が上限だ、という事も知りました。
    要するに 千円分の宝くじを買った場合の期待値は、約五百円だという事です。
    でも、10億円当たる可能性も 0では無いので、買う方は沢山みえますね。
    その本の受け売りですが、これが「千円分の宝くじを買ったら 必ず五百円がキャッシュバックされる」という物だったら、誰も買いませんよね。
    で、これも その本の受け売りなんですが、『コインを投げて表が出たら(確率1/2)2円もらえて終り、裏が出たらもう一回投げて表が出たら(確率1/4)4円もらえて終り、裏が出たらもう一回投げて表が出たら(確率1/8)8円もらえて終り、・・・』というゲームが有ったとして、貴方は参加費が幾らまでなら このゲームに乗りますか?という問い掛けがありました。
    例えば9回続けて裏が出た後 10回目に初めて表が出ると、1,024円がもらえる事になります。
    500円?、1,000円?、それとも・・・。
    正解(?)を書くと、(純粋に確率のみを考えると)例え参加費が一億円でも、そのゲームに乗るべきだそうです。
    なぜならば、期待値を計算すると『無限大』になるから、だそうです。
    (『無限大』になる事の証明は敢えて割愛しておきますので、お暇な時に悩んでみて下さい。 w )
    もちろん、ゲームとして考えた場合、一億円を無限に掛け続ける事は不可能なので、こんなゲームに参加する人は居ませんけどね。
    いや~、確率って ほんとーに面白いですね。(私だけ?)

  2. ブログの内容を全然関係ないですが・・・
    鳰の湖関、3連勝!
    あと一つで勝ち越しですね。

  3. コメントありがとうございます。

    日本の宝くじの上限期待値が法律で決められているとは初耳でした。

    実際の確率計算による客観的事実と我々の感覚(主観的)に解離があるのが面白いですね。
    人間がいかに「思い込み」に支配されているかがわかります。

    ちなみに、学生時代、確率は苦手でした(笑)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です