ロボットと人間の違い

アルファ碁が世界最強の棋士に3連勝したとか。

囲碁 人工知能が最強レベルの棋士に3連勝

 

アルファ碁というのは、人工知能搭載のコンピューターで、過去の棋譜を元にして自己学習を繰り返し強く育っていくそうです。

 

何だか将来人間がコンピューターに支配されてしまうのではないかという空恐ろしさを感じました。

 

この対戦を見て、ある日本人棋士は、以下のような感想を述べています。

 

「人間は直前に打った手など、石の流れで打つ手を決めたり、流れを感じながら形勢を判断したりする。一方、アルファ碁は流れにとらわれすぎない」

 

一方、アルファ碁と対戦した棋士は、

 

「こんなに負担や圧力を感じたのは初めて。乗り越えるための能力が不足していた」

 

この感想を読み、ロボットと人間の大きな違いは「心」の有無だと思いました。ロボットはあくまでも過去のデータに基づき淡々としているのに対し、人間は「負担や圧力」、つまり焦りや動揺を感じながら戦っていることがわかります。

 

心の安定感がない状態、つまり不安や恐怖にとらわれてしまっている状態では、パフォーマンスを十二分に発揮できません。しかし、ロボットにはそれがない!

 

瞑想などによって心を整えていくと、心の安定感が出てきます。すると、あらゆる現象に対して、感情移入することなく淡々と対応していくことができるようになります。

 

これだと、何だかロボットみたいですが、人間の場合、ロボットと大きく異なることが一つあります。

 

 

それは、「心が安定してくると慈悲心が湧いてくること」です。

 

【お知らせ】

2016年3月20日(日) 瞑想会@名古屋

2016年3月27日(日)関節運動学的セミナー@大阪 (肘関節) 

2016年5月11日(水)から5月19日(木)まで休診させていただきます。


スポーツ医学&カイロプラクティック研究所
名古屋市中村区竹橋町13-18オフィスワンタケハシ5階
(名古屋駅より徒歩5分)
電話:052-452-5006
ブログ:スポーツドクターSのざっくばらん

ロボット
最新情報をチェックしよう!