遺伝子

遺伝子解析

先日ご紹介したこちらの本(脳はこんなに悩ましい (新潮文庫))で遺伝子解析キットについて書かれていました。

 

99ドルで遺伝子を解析してくれるそうです。全遺伝子スニップのうち100万か所を解析してくれます。唾液をアメリカまで送ると1か月ほどで結果がわかるそうです。

 

解析結果はネット上の自分のアカウントに反映されます。しかも、新たな遺伝子情報が発見されると、それらの情報も日々アップデートされていきます。

 

スニップ100万か所のうち、現在その役割が解明されているのはたかだか数千か所のようなので、まだまだのびしろがあります。

 

ちなみに、本の中では具体的な会社名は挙げられていなかったのですが、おそらくこちらかと思われます(現時点で149ドルになっていますが)。

 

23andMe

 

個人的に興味があるのは病気です。父親方の家系は圧倒的に脳梗塞に罹っている人が多いので、おそらく遺伝的に脳梗塞リスクが高いのではと思っていますが、遺伝子解析でそれを確認してみたいですね。

 

もちろん、日々栄養には気をつけています。脳梗塞の場合、ホモシスティンと関係があるというリサーチがあります(血中ホモシスティン濃度と脳梗塞の発症リスクは比例すると言われています)。

 

そして、ホモシスティン濃度を下げる役割を持っているのが葉酸(ビタミンB群の一つ)。です。一日1000mcgが摂取量の上限ですが、この半分500mcgを摂ろうとするだけでも大量の緑黄色野菜を食べなければなりません。やはりサプリメントか・・・。

 

それから、活性酸素の除去も大切。ビタミンA、CやEなどを積極的に摂ることで抗酸化作用が期待できます。脳梗塞だけでなく、他の病気の予防にもなります。

 

遺伝子解析がどんな結果であろうと、健康維持のためにやるべきことは、変わらないんですけどね。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です