カイロプラクティック

素手による治療

おはようございます!本日の診療は午後2時からになります。何卒よろしくお願い申し上げます。

 

先日、久しぶりにある患者さんが来られました。日本のトップスイマーです。2週間後の日本選手権(オリンピック選考会も兼ねる)を控えている大切な時期です。

 

彼は昨年からアメリカでトレーニングを続けていたのですが、先週帰国しました。アメリカ(LA)でもカイロプラクティックによる治療を受けていたようです。

 

そこで、現地でのカイロプラクティックの治療について聞いてみると、「2か所行ったのですが、道具を使ってやるだけで、直に手で触って治療する感じではなかったです」と言っていました(2か所の内の一つはぼくが紹介したところです)。

 

「それでどうだったの?」と聞いてみると、「何だかわけわからなかった。治療前後で良くなったという感じはありませんでした」とのことでした。

 

今やカイロプラクティックにはいろいろな治療法があり、どれも一長一短です。ですから、それらに優劣をつけることは難しいです。結果が全てなので、道具を使って行う治療で効果があるなら、それもありだと思う。

 

しかし、カイロプラクティックの原点はあくまでも「素手による治療」なので、ぼくはそれにこだわりたい。

 

以前、ロボットの記事でカイロプラクターによる治療は、決してロボットに置き換わることはできないと書きました。その理由が、「感覚」です。感覚を数値化することは極めて難しい。

 

我々カイロプラクターは患者さんの筋肉や神経の感触、関節の硬さの感触を手で触って状態を判断し、手を使って治療を行います。これはロボットではできません。カイロプラクターとしての存在意義の最重要ポイントだと思っています。

 

もし、患者さんの身体に手で触ることなく、機械的に道具で治療するのなら、それはロボットでもできること。いや、ロボットにやらせた方が、余程正確でしょう。

 

万が一、今ぼくがやっている治療をロボットがやりだしたとしたら、間違いなく、ぼくはカイロプラクターを辞めます。そんな仕事に何の魅力も感じませんので。

 

 

【お知らせ】

2016年3月27日(日)関節運動学的セミナー@大阪 (肘関節) 

2016年5月11日(水)から5月19日(木)まで休診させていただきます。


スポーツ医学&カイロプラクティック研究所
名古屋市中村区竹橋町13-18オフィスワンタケハシ5階
(名古屋駅より徒歩5分)
電話:052-452-5006
ブログ:スポーツドクターSのざっくばらん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です