便利な生活による代償

おはようございます!今朝はスティッフレッグデッドリフトを3セット。フリーウエイトでできるハムストリングのトレーニングは、これとグッドモーニングくらいかな。ぜいたくを言えば、スタンディングのレッグカールマシーンが欲しいところ。結構、効くんだよなあ。

 

 

先日、海外在住のある方とお話する機会がありました。その方が住んでいらっしゃるところは、インフラも整備されていない山奥です。生活用水も雨水をろ過して利用しているとのことです。

 

日本には1年の内、数か月ほど滞在しているようですが、その方曰く「日本にいると運動不足になって、身体の調子が今一つになってしまう」とのことでした。

 

海外では不便な分、身体を動かす機会が多く、生活そのものが運動になっています。しかし、日本では身体を動かさなくても済んでしまう。運動不足になり、体調がおかしくなるのでしょう。

 

何かを得れば何かを失うということ。我々は便利な生活を得ることには成功しましたが、その代償として健康を失っています。

 

また、先進国に精神的に病んでいる人が多いというのも、このことと関係がありそうです。

 

なぜなら、不便なところに住んでいると、生活していくことに日々追われ、悩んでいる暇なんてないからです。

 

 

我々の住んでいる環境は、異常なほど便利になっています。このような環境で生活していれば、身体の調子が悪くなるのも至極当然と言えるでしょう。

 

当院に来られる患者さんの主訴の原因の一つ(かなりの部分)は運動不足です。

 

しかし、健康のために運動は必須です・・・と声高に叫んでも、殆どの人は実行できないのが現実。人間は基本怠けものだからね(笑)。

 

『日本のカイロプラクティックのレベル』と

『このブログのランキング』を上げたいという人は一日一回クリックすべし!(笑)
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

4月6日(木) 第6回AKTセミナー@札幌(足関節、腰椎、側弯症)

3月12日(日)ニャーナラトー師の法話会・瞑想会@名古屋


スポーツ医学&カイロプラクティック研究所
名古屋市中村区竹橋町13-18オフィスワンタケハシ5階
(名古屋駅より徒歩5分)
電話:052-452-5006

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です