楽しむ

真に楽しむためには

おはようございます!2日前は札幌だったが、意外と日差しが強かった。「名古屋より暑いかな」などと思いながら、こちらに戻ってみると、やはり名古屋の方が暑い(笑)。まだしばらくこの感じが続くのだろうか。

 

 

朝6時半にオフィスに来て、午後8時までいるのが日課だ。つまり、一日の半分以上はオフィスに滞在していることになる。

 

最近はこの傾向が強くなり、東京や大阪にセミナーで行っている以外は、毎日このルーティンとなっている。

 

オフィスにいる時は患者さんを診るのがメインとなっているが、それ以外にもセミナー準備やら読書、トレーニングや瞑想をしたり、ブログを書くなどして時間を過ごしている。

 

自分がやりたいこと、楽しいと思うことをやっているので、ほぼストレスを感じていない。「楽しいと感じること」をやることが極意である。

 

しかし、楽しんでいない人が多いような気がする。

 

先日、あるカイロプラクターの方が、「患者さんのリピート率を上げるために次の予約を取らなければならない」という趣旨のことを言っていた。

 

そして、その方はそれがストレスだという。

 

つまり、楽しんでいないわけだ。

 

それなら、そんなことやめればよいと思うのだが、それはできないという。

 

おそらく、患者さんが減ってしまうのではないかという恐怖があるのだろう。

 

妄想に支配され、その奴隷になっている状態である。

 

楽しいわけがない。

 

 

さらに、厄介なのは自分がやりたいことがわからないというケースだ。

 

周りに合わせる傾向がある人に多い。協調性があるという点では素晴らしいが、それも度を過ぎると副作用を伴う。

 

「やりたいことがわからない」とか「なかなか実行に移せない」、「他の人と同じでないと不安になる」などと感じる人は要注意である。

 

魚は隣で泳いでいる魚と一定の距離を保ち、同じ動きをするクセがあるらしいが(この性質があるが故、大きな魚群ができると言われている)、そのような人は魚と同じだ。

 

 

それともう一つ。

 

楽しむためには、マインドも大切である。

 

なぜなら、外側の環境は常に変化しているからだ。

 

真に楽しめている人は、環境によって楽しめなくなるということはない。

 

実はこの点が一番大きいのかもしれない。

 

 

 

2016年9月25日(日)関節運動学的セミナー@大阪 (脊柱)

2016年9月18日(日)マインドフルネス瞑想会@名古屋

【9月のお休み】 9月7日(水)、8日(木)、25日(日)


スポーツ医学&カイロプラクティック研究所
名古屋市中村区竹橋町13-18オフィスワンタケハシ5階
(名古屋駅より徒歩5分)
電話:052-452-5006

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です