この国ではチャンスは得られないのか?それとも・・・

先ほどホテルに戻りました。シャワーを浴びて一息ついているところです。

 

今日は朝9時から午後7時までの長丁場だったので、さすがに疲れました。

 

バガンの強烈な暑さも体力を消耗させます。

 

最後のサンセット見学ですが、残念ながら見られませんでした。

 

昼間はガンガンに日が照っていたのですが、夕方から曇りになってしまいました。

 

夕日を拝みたければ、もう一度バガンに戻ってこいということなのでしょう。

 

従って、サンセットは次回にお預けということです。

 

 

今日一日でたくさんの寺院を見て回りました。

 

寺院に到着し車から降りると、必ずお土産ものの押し売り合戦が始まります。

 

絵葉書や竹で作ったお椀、ブッダの像(または絵)のどれかです。

 

彼らのやり方は、こちらから頼んだわけではないのですが、勝手に付いてきてツアーガイドのようなことをします。

 

そして、最後に売りつけてくるわけです。

 

どこの寺院でも例外なく同じパターンでした。

 

ある寺院を見学するために車から降りると、小奇麗な若い女性が近づいてきました。いつものパターンとは違う感じです。

 

とても流暢な英語です。聞くと、大学で英語を専攻したとのことでした。

 

英語を使う仕事を探している最中だとも言ってました。

 

従って、『外人を見つけてはこうやって英語の練習も兼ねてしゃべりかけてくるのだろう』と思ったわけです。

 

ところが、最後にどんでん返しがありました。

 

「自分のお店の商品を買ってください」とここからいつものパターンになります。

 

彼女のお店に行ってみると(お店と行っても出店みたいな質素なもの)、竹細工のお椀が置いてありました。

 

このことに関しては別段驚きはしませんでした。

 

しかし、ぼくが衝撃を受けたのは、大学で英語を専攻して(彼女の話す英語は完璧でした)も、彼女の望むような仕事に就けていないことでした(ちなみに、ミャンマーの大学進学率は3%程度)。

 

大学に通っていたころ、きっと彼女は自分の将来についていろいろ夢を見ていたに違いありません。

 

 

彼女は言います。「今はローシーズンでほとんど客がいない。だから、これを買ってくれたらすごく助かります」と1個200円のお椀を差し出してきます。

 

この国では、彼女の才能を生かすチャンスさえないのだろうか?

 

それとも、彼女自身の問題なのか?

 

もし、前者であるならば、何という悲劇なのだろう。

 

モヤモヤした気持ちを抱えてその寺院を後にしました。

 

 

 

この国ではチャンスは得られないのか?それとも・・・” への2件のフィードバック

  1. こんにちは!
    毎回、楽しみに読ませて頂いています。私がミャンマーを訪れた20年前のバガンの様子と全く変わっていなくて、どこか懐かしく、どこか微笑ましく感じました。

    記事を読ませて頂き、私もその女性の背景がとても気になりました。
    もしも、本当にチャンスがないのだとしたら、その女性にチャンスが訪れることを切に願うばかりですが、私は、「それとも・・・?」の方かなとも感じました。
    おそらく、大学まで行くことのできる方なのですから、それなりの地位と家柄のご出身の方なのかなと推察します。ですので、ある程度のチャンスは約束されていた方なのかもしれません。だとすると、やはりどうしてここにいるのかが気になりますね。
    あるいは、そのご商売の方でそれだけ流暢な英語が話せる方というのは、ほぼいらっしゃらないのではないかと思います。ゆえに英語を話す観光客からの注目度は群を抜いたものとなるのではないでしょうか。少なくともこれだけ私達の興味を惹いているわけですから、同じく他の観光客からもひときわ注目を集める存在なのではないかと思います。小綺麗な女性、完璧な英語、この2つだけですでに看板です。もしかしたら、一番の稼ぎ頭なのかもしれませんね。

    すみません、私も勝手な妄想を膨らませてしまいました・・・それにしても、彼女の背景が気になりますね。

    • ご存じのように現在ミャンマーはとても暑く、観光客はかなり少ないようです。

      バガンで会った女性の件は、今回のミャンマー滞在で印象に残ったイベントとなりました。
      遺跡を観ながら話してくれた説明は非常にわかりやすく、知性的な雰囲気がすごくありました。
      まさに才色兼備です。
      彼女があまりにも必死にものを売ろうとしているところに、「あなたにとって希望する仕事を見つけるのは、ミャンマーでは難しいのですか?」と聞いたのですが、彼女のセールストークにかき消されてしまい、返事をもらうことはできませんでした。
      次回、バガンに行くことがあったら、また同じ場所を訪ねてみたいと思っています。
      そして、もし彼女に会うことができたら、上の質問をじっくり聞いてみたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です