心頭滅却すれば・・

おはようございます!日中は暑いようですが、朝晩はまだ涼しい。今日の名古屋の最高気温は38℃。バガンで45℃を経験しているので、大したことありません。

 

 

ゴールドジムでは始終BGMが流れています。しかし、トレーニングに没頭している時は、音楽は全く聞こえてきません。

 

しかし、「集中するぞ!」と気合を入れてトレーニングすると、音楽がどうしても聞こえてきたりします。

 

「音楽を耳に入れない!」という意識を働かせると、逆に音楽が耳障りになるという滑稽な状況です。この意識の働かせ方の間違いは、否定から入っていること。

 

否定はその対象にエネルギーを投下しているのと同じです。まさに火に油を注いでいる。

 

だから、まずは状況を受け入れてしまうのが先決です。「音楽をうるさいと感じている自分がいる」という具合に。

 

それでも、最初は音が聞こえているかもしれませんが、次第に本来集中すべき対象に意識が張り付いてきます。

 

(しかし、少しでも否定が入ると逆戻りです)

 

最近の暑さも、「暑いのもう嫌」という否定から入っている場合、ますます暑さが気に障ることでしょう。

 

まずは暑さに対して反応している自分を受け入れること。その状態をよく観察してみると良いです。だからといって、涼しくなるわけではないんですけどね。

 

ちなみに、ぼくは日中は冷房の効いたオフィスで快適に過ごしています(笑)。

 

【お知らせ】


スポーツ医学&カイロプラクティック研究所
名古屋市中村区竹橋町13-18オフィスワンタケハシ5階
(名古屋駅より徒歩5分)
電話:052-452-5006

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です