違和感の正体

おはようございます!最近、体内時計が若干狂っているのかいつもより30分ほど遅い始動となっています。

 

 

ZOZOTOWNの前澤氏が『1億円お年玉キャンペーン』と称して、100名に100万円ずつ配ったことが話題になった。

 

応募条件はツイッターアカウントのフォローと当該ツイートのRTという至って簡単なもの。

 

濡れ手に粟で100万円がもらえるならと、かなりの応募があったらしい。

 

これにより、前澤氏は日本一のフォロワー数を獲得。さらにニュースとしても頻繁に取り上げられ、当選者がさらに宣伝するので1億円以上の宣伝効果は確実にあっただろう。

 

ぼくも応募して当選したらミャンマーの孤児院に全額寄付ということもできた。しかし、そのことに強い違和感があったので、応募はしなかった。

 

この違和感の正体は何だろう。少し考えてみたが、やはり『寄付行為は金額の多寡ではない』という考えから来ているようだ。

 

患者さんから寄付を預かることがある。その時、「少しだけですが・・・」と言って寄付される方が多いが、金額は関係ない。その行為自体、思い自体に意味があると思っている。

 

今年も第1回目の渡緬日程をそろそろ決めなければならない。

 

【お知らせ】


スポーツ医学&カイロプラクティック研究所

名古屋市中村区竹橋町13-18オフィスワンタケハシ5階 (名古屋駅より徒歩5分)

電話:052-452-5006

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です