他人の本を借りて読む

 

おはようございます!昨日の胸がよい感じで筋肉痛になっています。ベンチで扱える重量がじわじわと上がってきています。まだ全盛期の頃のようにはいきませんが・・・。

 

昨日は予約がそれほど入っていなかったので、自由時間がたくさんありました。お陰で読書やら、セミナー準備やらといろいろできました。

 

現在読んでいるのは時間術の本です。内容はほぼぼくが毎日行っていることと合致していますが、細かい部分で気づかなかったことも多く、この本から得られたアイデアを早速取り入れています。

 

この本は患者さんからお借りしたもので、日曜日までに返却する予定です。だから、今手元にある本の中で真っ先に読み終えておきたいものになります。昨日、9割方読み終えていますので、後10分もあれば読了です。その後、この本の要点をまとめて完了です。

 

ところで、現在この後に控えている本は10冊ほどあります。この内6冊はお借りしたものです。この6冊はほぼ栄養に関する本。そして、それ以外の4冊は自分で買って積読してあった本です。

 

このように、最近は患者さんが本を持ってきてくれることが多くなりました。ありがたいことです。他人から本を借りるメリットは、「自分の嗜好とは異なる本を読むことができる」という点です。

 

当然ながら、自分が選ぶ本というのは、自分の好みが反映されます。それは得てして偏食傾向を持っています。そうすると、場合によっては、思考の偏りが起こります。これは余り好ましくありません。他人の本を借りて読むことで、思考の偏りを正すことができるわけです。

 

実は今日も(いまのところ)余り忙しくありません。というわけで、読書がはかどりそうです(笑)。

 

 

 

『このブログのランキング』を上げたいという人は一日一回クリックすべし!(笑)
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

【お知らせ】

9月7日(木)第7回AKT(関節運動学的テクニック)セミナー@札幌

7月9日(日)第19回マインドフルネス瞑想会@名古屋


スポーツ医学&カイロプラクティック研究所
名古屋市中村区竹橋町13-18オフィスワンタケハシ5階
(名古屋駅より徒歩5分)
電話:052-452-5006

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です