最善を尽くすために

おはようございます!火曜日は暇なことが多いのですが、昨日はいつもの火曜日より忙し目でした。

 

一日に診る患者さんの上限数を決めています。余程の緊急事態(ギックリ腰など)でない限り、それ以上診ることはありません(時間に余裕があったとしても)。

 

理由は二つあります。

 

一つ目はパフォーマンスの問題。一人目の患者さんと最後の患者さんは、同じ集中力で治療できることが基本です。上限を超えるとそれが難しくなります。

 

二つ目はワクワク感。患者さんを診ているとき、ワクワク感がなくなってきたら、そこに楽しみはなく、機械的にこなすだけの作業になってしまいます。

 

しかし、上記は自分の体調によって変化します。

 

例えば、ついこの間の日曜日は大阪でセミナーがあり、帰宅したのがいつもより遅く、寝たのが午前12時ころになってしまいました。

 

翌月曜日はいつもよりパフォーマンスが低下しているのがわかりました。こういう時は上限も下げることにしています(この日は既に上限一杯でしたが)。

 

普段はパフォーマンスをベストに保つようにしています。規則正しい生活、適度な運動と休養、バランスの取れた食事と腹6分、そして心の掃除・・・

 

心身のコンディションを整えてベストなパフォーマンスで患者さんに対応することは、カイロプラクターとして最低限の責務だと思っています(何よりも自分の心身の健康にとって必要なこと)。

 

【お知らせ】


スポーツ医学&カイロプラクティック研究所
名古屋市中村区竹橋町13-18オフィスワンタケハシ5階
(名古屋駅より徒歩5分)
電話:052-452-5006

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です