ヤンゴンのホテル選び

おはようございます!今朝は胸。ベンチの最終セットで2段階のダウンセット。そしてフライの最後でもダウンセットでいつもより少しだけ追い込みました。それにしても、汗の量が半端ない。

 

 

昨日、11月の渡緬希望者から連絡があった。2人のお子さんも一緒に連れて行くことになったようだ(当初は一人だけ)。これで参加者は大人4名、子供4名になった。

 

今回は連休に合わせて予定を組んであるが、それでも数日は学校を休まなければならなくなる。

 

ただ、それでも子供たちがミャンマーに行く価値はあると思っている。現地の孤児院の子供らとどのような化学的反応が起こるのか、実に楽しみである。

 

総勢8名となると、いろいろと段取りが必要になってくる。今までは一人でお気楽旅行だったので、予定も緩く決めておき柔軟に対応していたのだが、今回はある程度決めておいた方が良さそうだ。

 

まずは、現地での移動手段。

 

ヤンゴン郊外への孤児院までは車で1時間半程度なので、何台かに分かれてタクシーで行けば良いかもしれないが、別の日には車と小船を乗り継いでミャンマー南部の村まで行くことになっている。

 

その場合、全員が乗れる車を用意した方が、小船もおそらく全員乗れないので2隻は用意しなければならない。

 

次にホテル。極力同じホテルで泊まれるようにしたいと思っている。その方が、何かと便利だし、ぼく以外は全員初めてのミャンマーなので、万が一のトラブルにもすぐに対応できる。

 

しかし、今回は4人家族と3人家族が泊まれる(できれば一部屋で)ホテルを探す必要があり、これが意外と難航している。

 

比較的安ホテルが多いチャイナタウンでは、家族部屋があるホテルがほぼないので、ダウンタウンのホテルから選ぶことになりそうだ。

 

昨晩、いろいろと調べていたのだが、11月は雨安居明け(梅雨明け)ということもあり、旅行者が一気に増える時期なので、現段階でもぼちぼち部屋が埋まり始めている様子。

 

もちろん、高価なホテルを選べばいくらでもあるのだが、なるべくなら安価で質の良いホテルに泊まりたい。

 

また、初ミャンマー訪問のみなさんには、ぼくの定宿のような『寝るだけ』に特化したところではなく、ヤンゴン滞在を快適に過ごしてもらいたいので、それなりのホテルにしたいと思っている(若干、奮発していつもの2倍の値段の部屋。と言っても2000円程度ですが)。

 

というわけで、本日中にホテルを決めたいと思っている。

 

こういう時間って楽しいよね。

 

【お知らせ】


スポーツ医学&カイロプラクティック研究所
名古屋市中村区竹橋町13-18オフィスワンタケハシ5階
(名古屋駅より徒歩5分)
電話:052-452-5006

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です