アクション

おはようございます!今朝は肩と上腕二頭筋をやるつもりだったのですが、急きょ大腿四頭筋に変更。しっかり、大腿四頭筋と大殿筋に効かせることができた。

.

.

20代のころを振り返ると、ただひたすらインプットしていた。

.

.

そして、インプットの時代は30代も続く。しかし、30代では新たに『アクション』が加わる。

.

.

20代でインプットしたことを徐々に実践に移していくことが増えた。ちょうど、30歳のときカイロプラクティックのカリフォルニア州ライセンスを取得している。

.

.

30代の後半になるにつれて、アクションの比重がどんどん増していったが、インプットも怠らなかった。30代後半はアクションとインプットの比率は、7:3くらいだったと思う。

.

.

そして、40台に突入したとき、アウトプットが急激に増える。つまり、今まで蓄積してきた知識、実践で培ってきた経験を他人と共有する機会が圧倒的に増えた。ちなみに、ちょうと40歳のときにアメリカを後にして日本に帰国している。

.

.

もちろん、40代でもインプットは継続している。ただ、その質はアウトプットの増加とともにグンと上がる。インプットは量より質という感じに変化した。

.

.

つまり、インプットの質の向上は、アウトプットによるところが大きい。それは、アウトプットするためには、さらに深い知識・洞察が必要とされるからだと思う。

.

.

ちなみに、こういうことは当時、意識しながら過ごしていたわけではない。今、振り返って、自分なりに分析した結果である。

.

.

そして、現在50代になったばかり。

.

.

どのような50代になるのかわからないが、40代でやってきたことが基盤となることは、確かである。

.

.

ものごとは全て因果応報。40代で蒔いてきた種が、どのような実を結ぶのか、実際にその実を食べてみないとわからない。だから、60歳になって初めてどんな50代であったかがわかるのだと思う。

.

.

しかし、何となくだが、再度アクションが増えるような気がしている。その兆候はすでに表れている。そして、そのアクションが周囲へ良い連鎖反応を引き起こしてくれれば、楽しい50代となるに違いない。

.

.

非常に楽しみである。

.

.

【お知らせ】


スポーツ医学&カイロプラクティック研究所

名古屋市中村区竹橋町13-18オフィスワンタケハシ5階 (名古屋駅より徒歩5分)

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!