みんな言い訳が大好き

おはようございます!今朝の名古屋は肌寒いくらいだったので、一枚余分に羽織ってきました。このくらいが一番過ごしやすいです。

アチャン・チャーというタイの有名なお坊さんがいるのですが、この方のお寺の入り口には「あなたが呼吸をしているなら、いつでもどこでも瞑想はできる」のような看板が掲げられています。

記憶があやふやなので、この文言は間違っているかもしれませんが、だいたいこんなニュアンスだったと思います。

当院では瞑想会をやっていますが、たまに「瞑想する時間がなかなか取れなくて・・・」という方がいらっしゃいます。

しかし、アチャン・チャーが言うように、呼吸をしているならば(つまり生きているなら)いつでもどこでも瞑想はできるはず。

だから、「時間がなくて瞑想できない」は言い訳以外の何ものでもありません。

人間というのは、自分の行為を正当化するために、こんな感じで言い訳をします。

もし自分の心をしっかり観察できている人間なら、「自分はいま瞑想をやりたくないと感じている」としっかりとわかるはず。

それを知った上で瞑想をやらないという選択をするのは、まだ気づきがある状態です(ある意味瞑想をしているとも言える)。実際はその気づきが生じた時点で瞑想をやるという選択をしますが・・・。

ただ、勘違いして欲しくないのは、そういう人たちを批判しているわけではありません。

「人間の心というのは、気づきがないとほぼ100%怠ける方向に向かっていく性質がある」ということを言いたいだけです。

自分自身も生来はとても怠け者気質なので(笑)。

そういう意味で、こちらも似たような事例です(笑)。

にほんブログ村 健康ブログ カイロプラクティックへ
にほんブログ村

 

最新情報をチェックしよう!