手首

テニスの後から手首が痛い

テニスで肘を傷める(テニス肘)方はよくいらっしゃいますが、先ほど来られた方は手首の痛みが主訴でした。フォアハンドで鋭い痛みが現れます。

 

お聞きすると3日前から痛み始めたとのことでした。患部を触診してみると、橈側側副靭帯に最も強い圧痛があり、その次が方形回内筋でした。どうやら、これら二つの構造が痛みの主要因のようです。

 

次に手首の屈曲・伸展を行ってもらったところ、両方の動作で痛みが悪化。伸展時の痛みは先ほどの構造(橈側側副靭帯と方形回内筋)の痛みのようでしたが、屈曲時は手首の奥の方が痛むようでした。どうやら、手関節の問題もありそうです。

 

さらに、肘関節周辺を触診してみると、問題が起こりそうな部位の全てに強い圧痛があります。そして、肘関節(特に橈骨頭)の運動障害もあるようでした(自覚症状としては現れていないが)。

 

軟部組織の痛みはすぐに取ることができましたが、最後まで残ったのが関節からの痛み(手首屈曲時の痛み)。

 

肘関節における橈骨頭の変位から、手首における橈骨頭の変位を推測して、施術したところ痛みは半減。さらに舟状骨と月状骨をいじって痛みはさらに半減。これが今日の限界と判断し後はテーピングをしておきました(患者さんの希望により)。

 

一応、オフィスにてラケットを振ってもらい無痛でしたが、練習中に痛みが再発する可能性はありますね(なんとこの患者さん、治療後すぐに練習へ)。

 

朝から良い勉強をさせていただきました。

 

 

 

2016年4月24日(日)関節運動学的セミナー@大阪 (手関節) 

2016年5月11日(水)から5月19日(木)まで休診させていただきます。


スポーツ医学&カイロプラクティック研究所
名古屋市中村区竹橋町13-18オフィスワンタケハシ5階
(名古屋駅より徒歩5分)
電話:052-452-5006
ブログ:スポーツドクターSのざっくばらん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です