肩の痛み

ちょっと変わった 肩の痛み

おはようございます!

 

最近、ビルダーの患者さんが増えている。

 

夏はボディビルの大会のピークでもあり、調整段階で無理をして傷めてしまう人が多いのだろう。

 

昨日もビルダーの方が来られた。来月に大会を控えているそうだ。ちなみに女性のボディビルダー。

 

数か月前から肩の前面に痛みがあるという。ここまではごまかしながらやってきたそうだが、いよいよポーズを取れないほど痛みが酷くなってきたとのこと。

 

ここまでの情報だと以下のような鑑別診断が考えられる。

 

 

上肢挙上で痛みが強いならば、インピンジメント症候群の可能性が高くなるが、この患者さんはベンチプレスで特に痛みの増悪があるという。つまり、上腕二頭筋長頭腱炎かな、などと考えながら触診をしてみる。

 

棘上筋腱、上腕二頭筋長頭腱を触ってみたところ、圧痛はなし。ということで、インピンジメントでも上腕二頭筋でもないことがわかった。

 

次に関節包前部を触ってみると、ここにも圧痛なし。

 

そして、いろいろと探っていると、どうも烏口突起が痛いようだ。鋭い圧痛が触診され、ご本人もいつもの痛みだという。

 

烏口突起には上腕二頭筋短頭、烏口腕筋、小胸筋の付着部があるので、これらの腱のどれか(もしくは複数)が痛みの原因構造となっているのだ。

 

結局、この方の痛みの原因構造は小胸筋腱にあることが判明した。

 

原因がわかってしまえば、治療は簡単である。治療後、(とりあえず)痛みはゼロ。

 

セルフトリートメントの方法、若干のドローバックはあることを説明して終了した。

 

それにしても、小胸筋腱を傷めるというのは珍しい。ビルダーならではという感じだ。

 

当院にはたくさんのボディビルダーが治療に訪れるが、他のアスリートにはあまり見られない症状を持っていることが多い。

 

例えば、胸鎖関節(この関節は非常に安定しているので傷めにくい)や上腕筋、梨状筋などだ。

 

ちなみに、今回の患者さんの肩甲骨(患側)を調べたところ、ばっちり不安定性が見つかった(もちろん、この対応法についてもアドバイス)。

 

小胸筋の問題と関連していることは間違いないだろう。

 

なかなか、興味深いケースであった。

 

 

2016年9月1日(木)関節運動学的セミナー@札幌(肘関節)

2016年9月25日(日)関節運動学的セミナー@大阪 (脊柱)

2016年9月18日(日)マインドフルネス瞑想会@名古屋

【8月のお休み】 なし

【9月のお休み】 9月1日(木)、7日(水)、8日(木)、25日(日)


スポーツ医学&カイロプラクティック研究所
名古屋市中村区竹橋町13-18オフィスワンタケハシ5階
(名古屋駅より徒歩5分)
電話:052-452-5006

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です