モートン病(神経種)のハンドボール選手

今朝は腕の日。上腕三頭筋がメインの日なので、上腕三頭筋⇒上腕二頭筋の順番でトレーニングを行いました。このやり方が一番、腕のパンプ感があります。それにしても、プロテインを再開して以来、いつもの重量が軽い!

 

 

モートン病(神経種)という疾患があります。主訴は足指の付け根の痛みです。中足趾節関節の上を横方向に深横中足靭帯が走行しています。その靭帯と関節の間に趾神経が縦に伸びているのですが、これが圧迫されていることで痛みが現れます。ちなみに、中足趾節関節はつま先立ちをした時に伸展する部分です。

 

今朝、一番の患者さんは明らかにモートン病の方でした。プロのハンドボール選手(某企業の実業団所属)です。ちなみに、2m近い身長の大男。問診の段階で、第3、4趾の付け根に痛みがあるとのことだったので、すぐにこの疾患を疑いました。

 

モートン病が主訴の患者さんは年に2,3名来られます。つま先立ち歩きやジャンプなどで鋭い痛みが現れるのが特徴です。

 

名前は仰々しいですが、そんなに手ごわい相手ではありません。うまくいけば1発で、そうでなくても2,3回以内には寛解してしまうことが多いです。

 

酷くなると手術などもあるようですが(神経剥離術)、余程重度でない限り手技で改善可能だと思います。

 

 

つま先立ちで足指の付け根が痛いという方は、手術を決断する前にご相談ください。

 

 

手術同様、手技で神経を剥離してしまうだけです。治療中は多少の痛みは伴いますが(なんと言っても、痛い個所を触りますからね)、徐々にはがすのでそれほどでもないはずです。しかし、ぼく自身が経験したことがないので、もしかしたらすごく痛いのかもしれません(笑)。

 

 

『日本のカイロプラクティックのレベル』と

『このブログのランキング』を上げたいという人は一日一回クリックすべし!(笑)
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

4月6日(木) 第6回AKTセミナー@札幌(足関節、腰椎、側弯症)

3月12日(日)ニャーナラトー師の法話会・瞑想会@名古屋


スポーツ医学&カイロプラクティック研究所
名古屋市中村区竹橋町13-18オフィスワンタケハシ5階
(名古屋駅より徒歩5分)
電話:052-452-5006

モートン病(神経種)のハンドボール選手” への2件のフィードバック

  1. Dr.S先生、こんにちは
    「モートン病」・・・
    この辺り、痛い事が有ります!(スポーツとか全然やってないけど f ^ ^;)
    親指側の時も小指側の時も。
    以前は結構な痛さが日常的に有って、歩いたり 板の間で裸足になるのが辛い時期も有りましたが、
    現在は「そういえば・・・」というレベルです。
    痛かった時期は、多分 ガシガシ歩いていた(30分×3回くらい)時の様な気がします。
    って、何とか自分を スポーツマンの片隅にでも置きたい気持ちがあるのかな?私。(笑)
    プロテイン、飲んでみようかな?
    以前 教えていただいた「5-THP」は 今のところ 結構効果が出ています。
    常用している「抗不安剤」を 2/3に減らしても 不具合がでない状態を保っていますし、
    寝つきがとても良くなりました。
    問題は コストだな。
    「こりゃぁ良い!」って事になっちゃったら、コンスタントな出費が増えちゃうもんね。
    先日も クレジットの支払いが 月の収入を越えていて、「気をつけねば!」と 心に誓ったばかりなんですよ。
    でも、一回だけ 試してみようかな?
    さて、今日も ブルース・リーを クリックしなくっちゃ!

    • こんにちは!
      コメントありがとうございます。

      タンパク質の一日の摂取量目安は体重1kg辺り1g程度です。
      60kgの人の場合、60g/dとなります。
      食事で摂れていないようであれば、その分をプロテインで補うと良いと思います。
      記事では高血圧に人に低タンパク質食が多いということを書きましたが、ご存じのように人間の体のかなりの割合をタンパク質が占めています(爪、髪の毛、筋肉、骨・・・)。
      1か月ほど試してみてはいかがでしょうか。

      ブルースリーをクリックしていただきありがとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です