進化型カイロプラクター

おはようございます!朝晩はずいぶんと冷え込むようになりました。今朝は一枚多めに羽織ってきました。

 

 

 

感情的な状態のとき、脳みそのパフォーマンスは低下しています。脳みそは身体をコントロールしていますので、肉体のパフォーマンスも落ちます。

 

感情的というのは、心が恐怖や不安、怒り悲しみなどに支配されているときです。ネガティブな感情だけでなく、興奮しているときも同様です。

 

従って、パフォーマンスアップのためには、心を静謐に保っている必要があります。心が静謐であれば、脳みそは最高レベルで働き、的確な判断ができるようになります。しかし、意識したところで心の静謐さを保つことは難しい。

 

その場を何とか繕おうとしても不可能です。日常的に訓練をしていないのに、その瞬間だけできるわけがないからです。

 

このことは、ウエイトトレーニングにたとえればわかりやすいかもしれません。目の前に150kgがセットされたバーベルがあったとして、一度もトレーニングしていない人が、これを軽々とプレスできません。余程才能に恵まれていたら別ですが・・。ちなみに、かつてのミスターオリンピアであるジェイカトラーでさえ、初めてのベンチプレスが135kgでした(それも驚異的ですけど)。

 

我々カイロプラクターは、常に最高のパフォーマンスで患者さんと向き合えるのが理想的です。指先の微妙な感覚から問題個所を探り当てるためには、高い集中力と的確な判断力が必要とされるからです。

 

そのためには、常日頃から集中力(パフォーマンス)を高めるトレーニングは欠かせません。

 

知識や技術だけでは、平凡なカイロプラクター止まりです。

 

「進化型カイロプラクター」となるためには、さらに一段上の視点が必要です。

 

 

【お知らせ】


スポーツ医学&カイロプラクティック研究所
名古屋市中村区竹橋町13-18オフィスワンタケハシ5階
(名古屋駅より徒歩5分)
電話:052-452-5006

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です