女子中学生の膝裏痛

おはようございます!今朝は胸のトレーニング。いつもはベンチとフライだけですが、今日はベンチの後、フライとベンチのスーパーセットにしました。明日はいつもより強めの筋肉痛になっていることでしょう。

 

 

昨日来られた初診の方のケースについて。

 

中学生の女の子。2か月前から膝窩の痛みで悩まされていました。運動後に発症し直後は歩行でもかなり鋭い痛みだったようです。

 

当院に来られた時点では、歩行時の若干の痛み、運動中(バスケ)の鋭い痛みがあります。また膝完全伸展位ではツッパリ感があり、正座は痛みのために困難な状況でした。

 

この2か月間は接骨院に週1~4回のペースで通うも症状の変化はなし。

 

膝窩の痛みの原因構造には以下のようなものがあります。

 

  1. ハムストリング腱
  2. 腓腹筋腱
  3. 足底筋
  4. 膝窩筋(腱)
  5. 半月板
  6. ベーカー嚢包

 

問診の時点で5番と6番は除外できました。

 

痛みの場所について詳しく聞いてみると、特に内側とのことだったので、1番と2番が怪しいと判断。

 

次に触診です。

 

圧痛部位は、腓腹筋内側頭、半腱・半膜様筋腱、膝窩筋にありました。

 

これでほぼ問題は絞られました。最も強い圧痛点は腓腹筋内側頭と半腱・半膜様筋腱。次点が膝窩筋。

 

ただ、膝窩筋が膝窩内側の局所的な痛みとなる可能性は低い(経験上)ので、おそらく二次的なものと思われました。

 

従って本丸は腓腹筋内側頭、半腱・半膜様筋腱ということになります。

 

最初は腓腹筋にターゲットを絞って治療してみました。歩行時、しゃがんだ状態(膝完全屈曲位)では痛みはゼロに。しかし、段差を上る時に若干の痛みが残っていました。

 

ここで再度集中力を上げて触診したところ、本丸はハムストリング腱であるとほぼ確信。

 

治療後は全ての動作で痛みゼロとなりました。運動(バスケ)をして状態を確認してもらい痛みがなければしばらく様子見でOKとお話して終了しました。

 

ハムストリングは起始(坐骨結節)に近いところで傷めやすい傾向があり、このケースのように停止付近で痛みが現れるのは珍しい。

 

ちなみに、腰痛、頭痛、足関節の問題もあったので、そちらも対応してあります。

 

以上です。

 

【お知らせ】


スポーツ医学&カイロプラクティック研究所
名古屋市中村区竹橋町13-18オフィスワンタケハシ5階
(名古屋駅より徒歩5分)
電話:052-452-5006

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です