背中の痛み

おはようございます!今朝は肩のトレーニング。ダンベルプレスでは久しぶりに30kgを持ちました。以前は50kgでやっていたこともあったので、未だ70%程度です。健康管理のためなので無理するつもりはないのですが、重たいのをやり始めると熱くなってきてしまう(笑)。バランス感覚を大切にやっていきます。

 

 

昨日、来られた社会人相撲の選手のケースについて。

 

主訴は中背部痛。背骨の横に痛みがあるとのことで、触診してみるとどうも肋横突関節が怪しい。動作痛は体幹の回旋と屈曲で現れる。深呼吸での症状増悪は認められなかった。

 

もうこれだけで肋骨が怪しいということになる。もしそうなら、それほど難しいケースではない。なぜなら、過去の似たようなケースではほぼ1回の治療で症状が寛解し、その後ぶり返すこともあまりなかったからだ。

 

中部胸椎の伸展+回旋変位も見つかった。これも当然ながら肋骨のサブラクセーションに影響している。

 

中部胸椎のアジャスメント後、再度動作痛を確認してみると体幹の回旋では痛みはほぼ(ゼロではない)消失していた。

 

しかし、体幹屈曲時の痛みはそのままであった。屈曲時に肋骨は内旋するので、おそらくその可動域制限が痛みを誘発させていると予想された。

 

患者さんに呼吸(特に呼気)、さらに体幹屈曲時における肋骨の可動域制限を調整後、再度動作痛を確認すると痛みは完全に消失。ついでに体幹回旋も確認したところ、こちらも痛みは消えていた。

 

以上。

 

 

【お知らせ】


スポーツ医学&カイロプラクティック研究所
名古屋市中村区竹橋町13-18オフィスワンタケハシ5階
(名古屋駅より徒歩5分)
電話:052-452-5006

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です