的確に症状を診るために

おはようございます!今朝は大腿四頭筋。スクワット+ディープスクワットのスーパーセットを4セット。スクワットの重量をいつもより2.5kgだけ重たくしました。そして、エクステンション+シッシーのスーパーセットを3セット。いつもと同じルーティン。

症状を診るとき客観視することが必要だが、これがなかなか難しい。人間というのは、自分の見たいように見る癖があるからだ。

思い込みとか固定観念とか偏見とか期待とか・・・いろいろな感情が織り交ざっている。だから、完璧な客観視というのは非常に難しい。

しかし、難しいからと言ってあきらめていたら、いつまで経っても的確な診立てに近づいていかない。

問診をしているとき、そして触診をしているとき、何をどう感じているのかを観察しいてると自分の心の癖に気づく。

症状の分析をしながら、自分がどのように感じているのか(思い込み、偏見、期待・・・)についても分析する。

すると、いかに自分の都合の良いように症状を診ているかがよくわかる。所詮、人間は自分が一番大事(笑)。

癖を治すには、まずはどんな癖かを知るのが先である。自分が感じていることを分析することで、自分の考え方の癖を理解することができる。

理解の後に修正をすればよい。ウエイトトレーニングとまったく同じ理屈だ。

こういうことを繰り返している内に少しずつだが、客観視に近づいているような気がしている。

治療後の結果を見て、何となくそんな風に推測している。

おはようございます!今朝は大腿四頭筋。スクワット+ディープスクワットのスーパーセットを4セット。スクワットの重量をいつもより2.5kgだけ重たくしました。そして、エクステンション+シッシーのスーパーセットを3セット。いつもと同じルーティン。

症状を診るとき客観視することが必要だが、これがなかなか難しい。人間というのは、自分の見たいように見る癖があるからだ。

思い込みとか固定観念とか偏見とか期待とか・・・いろいろな感情が織り交ざっている。だから、完璧な客観視というのは非常に難しい。

しかし、難しいからと言ってあきらめていたら、いつまで経っても的確な診立てに近づいていかない。

問診をしているとき、そして触診をしているとき、何をどう感じているのかを観察しいてると自分の心の癖に気づく。

症状の分析をしながら、自分がどのように感じているのか(思い込み、偏見、期待・・・)についても分析する。

すると、いかに自分の都合の良いように症状を診ているかがよくわかる。所詮、人間は自分が一番大事(笑)。

癖を治すには、まずはどんな癖かを知るのが先である。自分が感じていることを分析することで、自分の考え方の癖を理解することができる。

理解の後に修正をすればよい。ウエイトトレーニングとまったく同じ理屈だ。

こういうことを繰り返している内に少しずつだが、客観視に近づいているような気がしている。

治療後の結果を見て、何となくそんな風に推測している。

最新情報をチェックしよう!