忍者の腰痛

おはようございます!今朝は背中とハムストリング。こういう組み合わせでトレーニングしている人は珍しいかもしれないが、最近お気に入りの組み合わせ。ただ、広背筋の効き具合が今一つなので、ちょっとトレーニング法を再考する必要があるかな。

.

.

昨日は当院初の忍者の方が来られた。ニュースにもなったのでご存じの方もいるかもしれないが、名古屋城では週末に忍者がパフォーマンスをしている。たしか、名古屋市が運営しているはず。

.

.

ちなみに、この患者さんはアメリカ人。ダンサーだそうで、日本で忍者の募集をしているのを見つけて応募したら合格したそうです。本格的な活動は今年度からだそうで、今はまだ訓練中とのこと。

.

.

主訴は腰痛。右腰に痛みがあり、右股関節の伸展で痛みが増悪。忍者パフォーマンスの中に右股関節を伸展方向に強く振り上げながら空中捻りを行うのがあり、それを反復すると痛みが出てくるとのこと(動画を見せてもらったが、なかなかの高速回転捻り)。

.

.

右股関節、右仙腸関節、下部腰椎の過伸展変位+左回旋変位を中心に診た。

.

.

治療後は動作痛を確認するのが常だが、この方の場合、空中捻り動作を反復してもらわななければならない。さすがにオフィスではできないので、後日確認してもらうことにして終了。

.

.

この患者さんの年齢が、ぼくが渡米したときと同じ年齢だった。また、海外は日本が初めてとのこと。あの頃の自分がオーバーラップして何だか懐かしい気持ちになった。日本での生活は彼にとって大きな財産になるに違いない。

.

.



【お知らせ】


スポーツ医学&カイロプラクティック研究所

名古屋市中村区竹橋町13-18オフィスワンタケハシ5階 (名古屋駅より徒歩5分)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です