足関節外側の靭帯

外反母趾

おはようございます!今朝は背中のトレーニング。チンニングではクリスマスツリーの部分を意識してやりました。ベントオーバーローイングは伸張性収縮を意識。

 

最近、立て続けに外反母趾が主訴の患者さんが来られました。

 

カイロプラクティックと外反母趾というイメージがない方が多いと思いますが、しっかり適応症状です。

 

と言っても、背骨をいじって終わりなどというぶっつけ仕事はしません(笑)。

 

もちろん、背骨も大切ですが、まずは痛みを除去して少しでも楽になってもらうという方針です(それがたとえ代償性のものであっても)。

 

従って、アプローチは局所的。

 

外反母趾の痛みは母趾の関節に現れます。つまり関節周辺にある靭帯や関節包が痛みの原因構造です。母趾MP関節の関節包で拘縮している部位を探り当て、まずはここを治療。

 

次に母趾を内転させている筋肉を診ます。足底部にある筋肉。これだけで随分と痛みが軽減されます。

 

ここまでが局所的なアプローチ。

 

次に少し範囲を広げていきます。

 

まずは足底アーチ。外反母趾の方の場合、足裏の重心が内方に寄っていることが多いので、足底アーチは潰れています。従って、足底腱膜炎を併発していることもあります。

 

その場合、第1足根中足関節の伸展、舟状骨の内旋、踵骨の外反などが起こっているので、それぞれの関節の変位と可動性制限を改善。可動性制限は動作の中で診ていきます。

 

また後脛骨筋や長母趾屈筋は伸張位となっているので、これらにも対応します。

 

膝関節は外反位、股関節は内旋位、そして骨盤、腰椎・・・・

 

できることはいくらでもありますが、まずは痛みの改善が最優先。患者さんもそのために来ているのですから。

 

 

【お知らせ】


スポーツ医学&カイロプラクティック研究所
名古屋市中村区竹橋町13-18オフィスワンタケハシ5階
(名古屋駅より徒歩5分)
電話:052-452-5006

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です