ベストを尽くす

おはようございます!渡緬の準備はほぼ完了です。日曜日までお休みということで、いつもなら暇な火曜日も若干タイトな感じになっています。

 

今診ている患者さんの中でなかなか改善しないケースがあります。坐骨神経痛の患者さんです。

 

坐骨神経痛はカイロプラクターになってからたくさん診てきていますが、今回のケースはかなりのタフケースです。

 

最初に来られたのが今から2か月ほど前になります。数回の治療でだいぶ安定してきたのですが、この1,2週間は症状がぶり返しています。

 

指先の感覚に全神経を集中させ、知恵を振り絞って治療にベストを尽くす。結果はお任せです。結果を見て対応を変えていくことしかできません。

 

それはさておき、この患者さん、この症状に20年間悩まされているのですが、結構飄々とした感じです。あまり動揺している様子も悲壮感もありません。痛みが強くても、いつもほんの少しにっこりしておられます。すごいですね。

 

また、驚いたことに今まで40か所以上の治療院(整形外科、接骨院、整体など)に行ったことがあるということでした。多くの治療院が宣伝内容と実際やっていることに大きなギャップを感じたと仰っていました(この経験を本にすると面白いかも)。

 

このお話を聞き、今まで同様、患者さんに対して誠心誠意対応すること、そしてベストパフォーマンスのための心身のコンディショニング(準備)を常日頃から怠らないことを改めて肝に銘じました。

 

 

【お知らせ】

11月8日(水)~11月12日(日)はお休みです。


スポーツ医学&カイロプラクティック研究所
名古屋市中村区竹橋町13-18オフィスワンタケハシ5階
(名古屋駅より徒歩5分)
電話:052-452-5006

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です