パラリンピック

パラリンピック選手の肩の痛み

おはようございます!

 

昨日、パラリンピックに出場予定の方が来られた。

 

主訴は肩の痛み。

 

来月の大会を控え、今が絶不調とのこと。

 

緊急事態ですね。

 

ここまでは鍼灸治療でしのいできたそうですが、症状は一進一退の状態。

 

昨日の時点で60kgのベンチプレスも痛みで厳しいことでした(この方のベストは200kgオーバー)。

 

問診の時点でほぼ問題構造は特定できていました。

 

上腕二頭筋腱なのですが、触診でこれを再確認して治療を開始。

 

もし、診断するのであれば腱鞘炎ということになるが、この方の場合、特に顕著だったのは、上腕二頭筋腱のサブラクセーションであった。

 

 

治療中はかなり痛そうにされていたが、治療後に行った60kgのベンチプレスでは痛みゼロ。

 

とりあえず、次回の練習時に100kg程度まで持ってみることをアドバイスして終了となった。

 

ところで、上腕二頭筋腱炎(腱鞘炎)の場合、サブラクセーションもセットで生じていることが多いので、要確認である。

 

特に慢性的な場合、サブラクセーションが影響していることが多い(ただし、私見)。

 

 

2016年9月1日(木)関節運動学的セミナー@札幌(肘関節)

2016年9月25日(日)関節運動学的セミナー@大阪 (脊柱)

2016年9月18日(日)マインドフルネス瞑想会@名古屋

【8月のお休み】 なし

【9月のお休み】 9月1日(木)、7日(水)、8日(木)、25日(日)


スポーツ医学&カイロプラクティック研究所
名古屋市中村区竹橋町13-18オフィスワンタケハシ5階
(名古屋駅より徒歩5分)
電話:052-452-5006

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です