テニス肘

冷やすべきか、それとも温めるべきか

おはようございます!最近はお掃除ロボットを導入(自宅にあったものを持ってきただけ)しました。一日置きに掃除してもらっているのですが、ものすごくきれいになります。便利ですね。

 

 

患者さんから「冷やしたらいいですか?それとも温めた方がいいですか?」と聞かれることがあります。

 

基本的に炎症反応がある場合、冷やした方がいいです。

 

患部を触ってみて温かい場合、発赤と言って皮膚が赤みを帯びている場合、炎症反応があると考えていいでしょう。

 

炎症反応では、患部の血流量が増加している(出血している)ので、冷やしてその流れを抑えるのが良いとされています。

 

しかし、判断が難しい場合もあります。

 

例えば、テニス肘という症状があります。これは肘の外側に鋭い痛みが現れるのが特徴。雑巾絞りなどの動作で痛みが増悪します。

 

鋭い痛みなので炎症が起きていると思いますが、テニス肘の場合は炎症反応が起こっていないことの方が多いです。

 

つまり、炎症反応の特徴の一つである『血流量の増加』が起こっていないわけです。

 

血流量増加が起こっていないどころか、『血流量の減少』が起こっています。

 

そして、テニス肘の場合、血流量減少が症状を悪化させている可能性が高いのです。

 

(生理学的なメカニズムについては省略します)

 

もし患部を冷やしたら、血流量の減少を助長させることになります。

 

従って、この場合は『温める』が正解になります。

 

患部を温めることによって血流量を増加させ治癒を促すことになります。

 

【お知らせ】


スポーツ医学&カイロプラクティック研究所
名古屋市中村区竹橋町13-18オフィスワンタケハシ5階
(名古屋駅より徒歩5分)
電話:052-452-5006

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です