ギックリ腰

おはようございます!早くも日曜日です。週7日の内、一日くらいは暇な日があるのですが、先週は連日ほぼ100%だったので、若干疲労が蓄積している感じです。

 

 

本日朝一の患者さんはギックリ腰でした。

 

痛みは腰仙部を中心にでん部にまで広がっていました。

 

圧痛部位は以下の通り。

 

  • 腸腰靭帯
  • 多裂筋
  • 仙腸関節
  • 大殿筋
  • 梨状筋
  • 腰方形筋

 

他にもありましたが、主要な部位は以上です。

 

この方の場合、特に下部腰椎に問題がありそうでした。典型的な反り腰です。その次が仙腸関節。

 

これらの関節に対しては、カイロプラクターの真骨頂であるアジャスメントが劇的に効きます。

 

モビリゼーションをしながら、それぞれの関節のズレ具合と硬さを確認しアジャスメントのイメージを作ります。

 

さらに軟部組織も診ておきます。このケースでは特に大殿筋が怪しい。

 

なぜなら仙腸関節痛があるからです。さらに付け加えるならば、上殿神経も。これら3つの構造はセットでおかしくなっていることが多い。

 

治療後は楽になっているようでしたが、念のためにテーピングを施しておきました。

 

【お知らせ】


スポーツ医学&カイロプラクティック研究所
名古屋市中村区竹橋町13-18オフィスワンタケハシ5階
(名古屋駅より徒歩5分)
電話:052-452-5006

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です