歯を磨いてはいけない

おはようございます!今朝は上腕二頭筋と肩。今朝のバーベルプレスは、いつもより軽く感じた。最後はダウンセットで〆。

昨日は暇だったので、本を2冊ほど読むことができた。

その内の1冊が「歯を磨いてはいけない」という、インパクト大のタイトル。

医療従事者なら読んでおいても良いと思う。

この本の中で炎症物質についてこんな文言があった。

『歯茎に炎症があると、炎症物質(炎症性サイトカイン)が歯茎の毛細血管から血液中に入り込み、血糖値を下げるホルモンであるインスリンの働きを阻害する。歯周病患者は2倍以上糖尿病になる確率が高い』

体内の炎症物質については、個人的にも興味を持っているテーマである。歯周病と糖尿病の関係は興味深い。

カイロプラクター的な視点で考えてみると、もしかすると歯周病と五十肩にも因果関係があるかもしれないと思った。

五十肩の正式名は肩関節周囲炎。つまり、肩関節の関節包の炎症反応である。今のところ原因は不明である。歯周病患者に五十肩を患う人が多いのかもしれない。また、歯周病患者の五十肩は症状の改善が思わしくないのかもしれない、などと妄想していた。

またこんな文言も。

『口の清掃状態が悪いと、必ず全身病を引き起こす』

これは「必ず」という言葉を入れなかった方が、より信憑性が増したと思う。

狂信的なカイロプラクターも、

『姿勢が悪いと、必ず全身病を引き起こす』などと根拠のないことを言って、患者さんを不安にさせるのがいる(笑)。

注意されたし。

最後に、この本では歯磨き粉は使わずに歯を磨くことを推奨している。

ちなみに、ぼくは数年前より歯磨き粉ではなく重曹で歯を磨いている。重曹は虫歯予防と虫歯改善に効果があるというのを目にした後から。

今のところ、永久歯で虫歯になった歯は1本もない。

【お知らせ】


スポーツ医学&カイロプラクティック研究所

名古屋市中村区竹橋町13-18オフィスワンタケハシ5階 (名古屋駅より徒歩5分)

歯を磨いてはいけない” への2件のフィードバック

  1. 小学校の時、歯磨き粉が嫌いで、歯磨き粉を口に入れるなら死んだほうがましだと思って、いつも磨いたふりをしてました。学校の歯磨き検査のときは、渋々歯磨き粉をつけずに磨いてました。今はしっかり磨いてます。それでも今まで虫歯になったことは一度もありません。

    この記事を読んで、なるほどと思いました。

    • おはようございます!
      コメントありがとうございます。

      歯磨き粉には人口添加物がかなり使われており、「どうなのかなあ」と思っていました。
      ちなみに、重曹は虫歯を予防するだけでなく、虫歯を治す作用もあるみたいです。
      ただし、エビデンスはちょっと不確か。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です